女の子の名付け ■穂乃佳(ほのか)の名前の由来、3文字、かわいい

スポンサードリンク

女の子に穂乃佳(ほのか)と名付けたときの出来事です。

 

私は、職業柄子どもに接する機会が多く、お母さん達には申し訳ないですが、本当に初見じゃ読めない名前、それ名前に使えるの?!という字を使う人も多く、我が子が出来た時には一度で絶対に読んでもらえる名前にしてあげたいと思っていました。

 

姓名判断や画数、音の響きなど、意味以外にこだわりすぎないように、でも自分たちが納得いく名前にたどり着くまでなかなか困りました。

 

また、一見ポジティヴな印象の漢字も実際にはネガティヴな意味だったりすることもあり、漢字本来の意味にも気をつけて考えてました。

 

女の子とわかり、夫と相談するうちに、夫から「穂」の字を使いたいということを言われました。

 

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の慣用句からそんな人になって欲しいという願いを聞き、私もとても共感できたので穂を使った名前を考え始めました。

 

そして、決めたのが「穂乃佳(ほのか)」という名前です。

 

初めは乃は無しで2文字、"か"は花や香、華なども考えました。

 

他の字は、華だと夜の仕事してそうなイメージ、香だと稲穂の本来の意味ではなく小麦の穂っぽく感じるなど、しっくりこず、佳の字を思いつきました。

 

スポンサードリンク

 

天皇家の佳子様にも使われている"佳"の文字なら字本来の意味も良く、この文字に納得しました。

 

しかし、いざ苗字と揃えて穂佳と書くとうーん…。

 

なんかこれ!という感じがしませんでした。

 

そこで3文字にしてみるとしっくりきたので乃をいれることになりました。

 

姓名判断などは特にしていません。

 

すごく古風なわけでもなくイマドキ過ぎることもなく、でもちゃんと可愛くて、初見でちゃんと読んでもらえる、二人で考えて納得のいく名前を考えることが出来て良かったです。

 

私の名前も3文字の3文字読みなので、女の子同士一緒でいいね!と二人で納得。

 

それからは、おなかに向かってほのかさーんと呼びながら過ごしました。

 

たくさん悩み、時間をかけ、こんなに難しいのかと感じながら考えたからこそ、愛着の湧く名前になったと思っています。

 

スポンサードリンク