名付け 女の子 当て字

女の子の名付けに「当て字」は今や一般的に

スポンサードリンク

小さな女の子の名前を聞くとすぐに字を想像できないものが増えています。

 

女の子の名前の人気ランキングに入るものも当て字が増えているのが最近の名付けの特徴で、「この字そんな風に読めるの?」という名前も珍しいことではなくなりました。

 

当て字は付けたくないという人もいますが、名付けの際、字と音それぞれに強いこだわりのある人は、積極的に当て字を採用する傾向が強いようです。

 

例えば、女の子の名付けで人気の「愛」、「心」、「結」は、それぞれ「あ」、「ここ」、「ゆ」と変換されるパターンが増えています。

 

こうした女の子の名前の読み方は一般的になりつつあって、特に小さなお子さんがいる人や幼稚園や学校の先生などは「結愛」という字を「ゆあ」、「心美」という字は「ここみ」とすんなり読めるようにもなっています。

 

一方、字と音が一字もかぶっていないものや、字と音のイメージが全く合っていない名前を付ける場合には、「この名前なんて読むんですか?」と必ず聞かれることを覚悟することにも。

 

スポンサードリンク

 

女の子の名付けに「色」を使って華やかに

女の子の名付けのイメージに華やかさや美しさを添えたいと願う人もいると思います。

 

その場合、花や果実のほか、色のイメージを名前に冠せて名付けをするのもおススメです。

 

色をストレートに表現する名前としては「桃(もも)」、「藍(あい)」、「紫苑(しおん)」、「瑠璃(るり)」、「碧、翠(みどり)」などがあります。

 

青くて自由なイメージの「空(そら)」は男の子にも女の子の名付けにも人気で、女の子の場合には「美空(みく)」もメジャー。

 

「いろ」という音に魅力を感じる場合は「彩」を「いろ」と読ませて、「彩葉(いろは)」などと名付ける人も少なくありません。

 

「桃」、「桜」をはじめ色のイメージが強い植物や果物から取った名付けもよくあります。

 

「美桜(みお)」、「葵(あおい)」、「青葉(あおば)」、「杏(あんず、あん)」のほか、元気なイメージの強いビタミンカラーの花「向日葵(ひまわり)」という名前もあります。

 

スポンサードリンク